専門分野が違う

弁護士というとイメージでは法律関することすべてに詳しく、どんなことでも相談に乗ってもらうことができるというイメージではないでしょうか。特に弁護士という職業が社会的にも地位が高いため、どんな依頼でもすぐに解決してくれるという先入観を持っている人も多いです。弁護士は、法律の問題は知識として把握はしています。ただし弁護士にも得意不得意があり、得意な分野を重点的に受けることで経験を積みいろんな案件に対応する能力を身につけることができます。弁護士の多くは、得意とする分野があり企業法務が得な人もいれば、遺産や離婚など家庭の問題に強い弁護士もいます。それぞれ顧問弁護士を依頼する目的が異なるため、得意とする専門分野の弁護士を見つけるようにしましょう。

なかでも企業法務を得意とする弁護士を依頼するときには、自分の事業内容を得意とする弁護士と契約するようにしましょう。中小企業と大企業では抱える問題も異なる可能性もあります。またIT系、医療系、サービス系など専門的な知識が必要な場合があります。そう言った基礎的なことを説明するのでは、余計な労力がかかってしまいます。そして何か問題があっても経験がなければ不安に感じるでしょう。安心して依頼するためにも専門的な分野が適合している顧問弁護士を選びましょう。

個人で雇う顧問弁護士

顧問弁護士というと主に利用するのは会社を経営する人が多いです。会社の損害をなるべく減らすため、定期的に会社の実情を理解して、問題になる可能性がある事案を未然に防ぐことができます。企業の場合は、事業を共にするクライアントがあり、その関係性などで問題が発生する可能性があります。しかし最近では企業だけでなく、個人でも顧問弁護士を雇う人が増えています。

個人の場合、何か悩み事があっても弁護士に依頼をするとなるととても深刻な問題でなければ機会がありません。しかし最近では個人的な問題でも当人同士で解決することが難しい場合も増えています。よくある問題点としては借金に関する問題、交通事故に関するもの、相続問題、離婚問題、労働問題などがあげられます。これらの問題は誰もが人生の中で、もしかしたら起こるかもしれない問題点です。長期化しそうな問題でいろんな相談を専門家にしたいという人にとっては大きなメリットになります。月額の費用は低く設定されていて、相談に応じてかかる費用は各弁護士事務所によって大きく異なります。最初の30分は無料相談を行っている企業もあれば、メールでの相談に関する費用、電話での相談に関する費用それぞれ明確にしている場合もあります。自分の依頼に合った顧問弁護士を雇うことがおすすめです。

企業が雇う顧問弁護士

企業にとって問題が発生した時は、会社の損が意につながるケースが大きいです。大きな問題になってしまうと裁判などで何年もかけて争うことも考えられます。そうなった場合、会社にとって問題と同時に弁護士費用も大きな負担になります。長期間になればなるほど費用も掛かり、関係者にとっては精神的な負担も増えます。どうしても会社の生産性も低下する可能性があるため、大きな問題にある前に早期解決することが一番重要なことです。

そんな顧問弁護士を雇う際に、まずは弁護士として信頼できる人なのかどうか判断する必要があります。そして自分の会社の事業内容や抱えている問題点などに詳しく専門的な知識を得ている人なのかも需要な点です。経歴などを参考に得意な分野の人を雇う方が会社にとって大きなメリットにつながります。さらに適切なコミュニケーション能力がある弁護士は依頼者の問題内容の把握が早く、問題に対する対応の仕方をわかりやすい言葉で伝えることができます。そう言った弁護士でなければ、意思の疎通に時間がかかり、場合によっては自分が望むものとは違う方向に進んでしまう可能性もあります。毎月一定の費用を払うからこそ、自分の会社に合った有能な弁護士を見つけて契約することが大事です。

顧問弁護士の重要性

弁護士は普段の生活であまり接する機会がありません。何かしら自分の力では解決できない重要なことが起きてきたときはじめて検討するでしょう。特に慰謝料が発生するケースや裁判に発展する可能性がある場合は、自分の力だけでは解決することができません。そこで需要な役割をしているのが顧問弁護士です。名前は聞いたことがあっても具体的な仕事内容など知っている人は少ないでしょう。顧問弁護士を頼むメリットや頼む際に注意すべき点はどのような点なのでしょうか。

顧問弁護士は何かしらの問題が発生する前から、会社や個人との関係性を築いているのが特徴です。そのため会社の実情や事業な異様など専門的なことについて理解をしてもらうことができます。もし何か問題が起きた場合はすぐに対応してもらうことができ、早期の段階で解決することができます。問題の中には事前に確認できていれば、防ぐことができたものもたくさんあります。余計な問題を抱えないためにも法的に問題あるのかないのかなど判断することもできます。

ただし顧問弁護士を雇うにあたって、注意点があります。一番は会社の持病や個人の意思に沿った専門的な弁護士であるかどうかです。弁護士にも得意とする分野があり、その分野に属した人のほうが経験も多く、スムーズに解決につながります。また料金設定においても各弁護士によって異なり、契約期間も一年ごとの更新が多いです。毎月一定の費用が掛かるため慎重に選ぶ必要があります。