専門分野が違う

弁護士というとイメージでは法律関することすべてに詳しく、どんなことでも相談に乗ってもらうことができるというイメージではないでしょうか。特に弁護士という職業が社会的にも地位が高いため、どんな依頼でもすぐに解決してくれるという先入観を持っている人も多いです。弁護士は、法律の問題は知識として把握はしています。ただし弁護士にも得意不得意があり、得意な分野を重点的に受けることで経験を積みいろんな案件に対応する能力を身につけることができます。弁護士の多くは、得意とする分野があり企業法務が得な人もいれば、遺産や離婚など家庭の問題に強い弁護士もいます。それぞれ顧問弁護士を依頼する目的が異なるため、得意とする専門分野の弁護士を見つけるようにしましょう。

なかでも企業法務を得意とする弁護士を依頼するときには、自分の事業内容を得意とする弁護士と契約するようにしましょう。中小企業と大企業では抱える問題も異なる可能性もあります。またIT系、医療系、サービス系など専門的な知識が必要な場合があります。そう言った基礎的なことを説明するのでは、余計な労力がかかってしまいます。そして何か問題があっても経験がなければ不安に感じるでしょう。安心して依頼するためにも専門的な分野が適合している顧問弁護士を選びましょう。

コメントは停止中です。